忍者ブログ
「さようなら、ありがとう、ごめんね。」 其れが私の最後の記憶。其れが私の“記憶ノ道標”
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「雲雀さん!!」
 
 
静寂を保っていた放課後の校舎に凛とした声が響き渡った。
 
もうとっくに下校時刻は過ぎている。
 
雲雀はチャキンッと音をたてて愛用トンファーをセットし、後ろに振り向く。
 
そこには声の主――並盛中の制服を身に纏った少女が居た。
 
「ひ、雲雀さん!あの・・・」
 
「ねぇ」
 
艶やかな雲雀の声が響いた。
 
「下校時間過ぎてるんだけど、噛み殺されたいの?」
 
びくりと少女の肩が震える。
 
 
嗚呼、コレだから・・・
 
コレだから女は嫌なんだ・・・
 
 
粘りつくような声で甘い言葉を求め、自分の都合が悪くなると大粒の涙を出す。
 
雲雀はそんな女が嫌いだった。
 
 
「・・・すいません。」
 
 
しかし聞こえたのは不快な泣き声ではなかった。
 
「下校時刻を守らなかったのは良くないことだと思います。でも雲雀さんに・・・雲雀さんに言いたいことがあったんです。」
 
 
少女の目は強い意志がこめられていて、そんな女を雲雀は見たことが無かった。
 
 
 
ふぅん
 
 
少しだけ好感が持てた。
 
 
「何、言いたいことって。」
 
くだらないことなら容赦なく噛み殺す――そんな脅しまでつけて雲雀は少女に問うた。
 
 
 
すぅっと少女の息の音が聞こえた。
 
 
「雲雀さんが・・・雲雀さんがずっと好きでした!付き合って下さい!!」
 
 
少女の口から紡がれた言葉に雲雀は落胆した。
 
せっかく面白い玩具かと思ったのに、それはありふれた壊れ物だった。
 
期待をしていた分、雲雀の落胆も大きかった。
 
 
 
「馬鹿じゃないの?僕は群れるのは大嫌いだ。」
 
雲雀の声には呆れと落胆と微かに怒りが入り混じっていた。
 
雲雀は高らかにその腕を――そのトンファーを振り上げた。
 
 
 
「待って下さい!私は雲雀さんと群れたいだなんて思ってません!!」
 
 
 
ぴたりと雲雀の動きは止まった。
 
 
「私は・・・私は雲雀さんの番いになりたいんです!!」
 
 
「番い・・・?」
 
 
番いとは二つで一組になるもの。
それでは雲雀は半人前ということになる。
 
 
その言葉に雲雀は多少顔をしかめた。
 
しかし今まで雲雀にそんなことを言った奴は居なかった。
 
 
 
 
 
「・・・馬鹿じゃない。それって僕が半人前ってこと?」
 
 
「・・・あ。」
 
 
少女はそのことに今気づいたようで、行き成り慌て出した。
 
 
「ち、違いますっ!そういう訳じゃ・・・」
 
 
 
「・・・もういいよ。やる気失せた。」
 
雲雀は振り上げた手を下ろした。
 
 
「・・・え?」
 
 
「早く帰って。」
 
 
学ランをふわりとはためかし、雲雀は足を違う方へと向けた。
 
 
「雲雀・・・さん?」
 
 
少女の声に、雲雀は歩き出していた足を止めた。
 
 
 
「・・・君、名前は?」
 
 
雲雀の問いかけに呆然としていた少女は、はっとして口を開いた。
 
 
 
「氷野、氷野翡翠ですっ!」
 
 
「そう・・・じゃあね氷野翡翠。」
 
 
再び足を動かし出した雲雀の顔は綺麗に微笑んでいた。
 
 
 
 
 
 
それが僕らの出会いだった。
(ねぇ恭弥、私達の出会いって覚えてる?)(・・・知らないよ、そんなの)





******************************


はい、という訳で雲雀夢です。
翡翠ちゃんに捧げます。

素晴らしい駄文な上に雲雀さまのキャラをいまいちつかめてない・・・。

遅くなって御免ね!
こんなアレな感じな作品ですが、是非もらってやって下さい。

無断転載厳禁。
翡翠ちゃんのみお持ち帰り可能です。

それでは有難うございました!

                              5月6日  綾瀬ふうな

******************************
PR



「貴方さえ居れば、私はそれで良かったのです――・・・」


アイツも泣き叫ぶような声が最後に聞こえた。









闇の中にひっそりと浮かぶ、青白い月。
その月明かりが建物も薄暗く照らす。

オレの家だった“ワイミーズハウス”は暗い影を落としていた。



  ガッ



暗闇の中からほんの僅かな音がした。



  ガッガッガッ


その音は再度辺りに響きわたる。



  ガツッ



そして、オレの背後でその音は止まった。

きっと月明かりがその光で音の主を照らしているだろう。
だが、オレは振り向かなかった。
     ――否、振り向く必要が無かった。

オレには最初からその音の主が分かっていた。


「――行ってしまわれるんですね、メロ」


まるで女みたいな高めな、子供みたいなアルトの声。
嗚呼、この声はやっぱり――・・・


「何しに来た、ニア」


ざあっと夜風が吹く。髪が靡く。
今のオレには、この風の音が心地よかった。


「どうしても、なんですか・・・どうしても、行ってしまわれるんですか・・・・・?」

紡ぎ出されたようなアイツの声は震えていて、
どこか、寂しそうだった。


「テメェには、関係ねぇだろ。別に2位の奴が居なくなっても、テメェの1位の座は変わんねぇよ」
「・・・そんなこと、考えてなんかいません!!」

闇の中に声が吸い込まれる。止まった風の音。
はじめて聞いたアイツの怒鳴り声を茶化すような余裕さは、生憎持ち合わせていなかった。




「・・・・・・・・・・・・・・・か・・・・・」


アイツの噛みしめるとうな声が聞こえた後、ガシャンと大きな音がまた聞こえた。
背後に重さを感じた。
ちらりと横目で後ろを見ると

落ちたアイツのお気に入りのロボットと



・・・オレにしがみつくニアの姿があった。





「メロッ・・・・・メロ、メロ・・・!」


堰を切ったかのように泣き出したアイツは、
オレの知るアイツじゃなかった。


  ドスッ


鈍い音がした。
オレに振り払われたアイツは地面にしりもちをついていた。




「触れるな」




また風が吹いた。
その風はワイミーズハウスの外へと向かっていった。
オレはその風に逆らうことなく進んだ。

もう振り向くことの無かったオレの耳に最後に聞こえたのは、
不快にもアイツの声だった。






   「貴方さえ居れば、それで良かったのです――・・・」
(ふざけるな、オレにはお前なんか要らねぇよ)(オレはオレ一人で生きていく)




フリィです。もし良かったらどうぞ。





「ふざけんな浜田アアァァ!!」



自室の壁に枕を思いっきり投げつける。

ボスンッと鈍い音がして枕は床に落ちた。

こんなことをして気が晴れる訳でもなく、ただ虚しさが心に満ちただけだった。


「んでだよ・・・」

あと数分で日付が変わる。

もうすぐ終わってしまう・・・・


一年にたった一日だけのオレの誕生日――・・・







『泉、本当に悪いっなんか急に店長がたおれちまって・・・今日行けなくなった。』

今日はオレの誕生日で、珍しく親父とお袋がどっか旅行行って、
兄貴もここぞとばかりに今日は帰って来ねぇ。

だから今日は浜田が家に泊まりに来るハズだった。

オレも楽しみにしながら、浜田が来るのを心待ちにしてた。


そんな中、一本の電話が来た。

その内容はオレの期待を裏切るようなものだった・・・・・


「・・・は?」

『だから、今日急にバイト先の店長がたおれちまって、急遽行けなくなった。』


ふざけんなよっ!!

どんだけオレが楽しみにしてたと思ってんだよ!?

んなの断れよっ!



「・・・・ふーん」

『泉、マジで悪ィ・・。ゴメンな・・・?』

「・・・別に。もう今日来なくていいから。」

『えっオイ泉!?』


一方的に電話を切る。

言いたいことを素直に言えないオレに腹が立った。


オレよりバイトなんかのがいいのかよ。

オレはお前と居たかったのに、

お前は違ったワケ?



オレの気持ちに気付けよ、馬鹿――・・・・








あれからずっと部屋にこもってた。

メシも、フロも、なんか全てがダルかった。


時計の針は11時59分を指していた。


あと一分。


一分で、一日は終わる。


そう思うと無意識にカウントダウンをし始めていた。


「59、58、57、56、・・・・」


そんなことをしても虚しさが募るばかりなのに――・・・

頭ではそんなこと分かってた。


でも止められなかった。


「49、48、47、46、・・・・」


もしかしたら、浜田が来るんじゃないか・・・?


そんな淡い思いを抱えて、ひたすら数字を言い続ける。

「39、38、37、36、・・・・」


「29、28、27、26、・・・・」


ごくりと唾を飲み込む。


「19、18、17、16、・・・・」

いつの間にか手は汗で湿っていた。


「・・・・10」


「・・・・9」


「・・・・8」


「・・・・7」


「・・・・6」



服をぎゅっと握りしめた。



「・・・・5」


「・・・・4」


風の音が聞こえた。


「・・・・・・・・・・3」


ゆっくり瞼を閉じた。


「・・・・・・・・・・・2」









「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1」






耳をすませても、何も聞こえない。


ゆっくりと目を開けた。




馬鹿馬鹿しい。


浜田が来る訳ねぇだろ・・・。


本当、何やってんだか・・・・・・・・・。




すっと目から涙がこぼれ落ちた。


馬鹿だな、こんなこと最初から分かりきったことじゃねぇか。



なのに、



何で、




何で、この悲しみが収まんねぇんだよ・・・・・。



涙は止まることなく、頬を伝ってゆく。


もう何も考えたくなくて目を閉じた。



早く現実から目をそむけたかった。









ごんごんっ


鈍い音で目を覚ます。


嗚呼、オレあのまま寝ちまったんだ――・・・


ごんごんっ

音のする方へ目を向けると、


そこには、窓越しに浜田が居た。




「・・・・今更何の用だよ。」

窓を開け、冷たい目で浜田を見つめる。


「泉・・・・本当に悪かったっ!!」

目の前で浜田は腰をかがめ、謝った。


「来なくていいっつったろ・・・」


「いや・・・・・泉に謝りたかったから、オレ――・・・」



其の言葉を聞いた途端。ぷつりと何かが泉の前で切れた。


「・・・どーせ浜田はオレよりバイトのが大事なんだろっ!?だから今日だって約束ほっぽってバイト行ったんだろ!!」

「泉、それは・・・・」

「ふざけんなよっ!!オレがどんだけ楽しみにしてたかわかってんのかよ!?オレが・・・オレが、もしかしたら浜田が帰ってくるかもしれないって思ったことわかってのかよっ!?」

「・・・・泉・・。」

「・・・・・どんだけ寂しかったと思ってんだよ、どんだけ、・・・悲しかったか、わかってんの・・・かよ・・・・?」


目頭が熱くなった。

途端、オレは浜田に抱きしめられた。


「・・・・っっ離せよっ!!!」

「絶対離さない」

そう言って、浜田は力をいれたからオレは身動きがとれなくなった。


「・・・・・泉、本当に悪かった。」

ぽつりぽつりと、浜田は話し始める。



「オレは、バイトなんかより泉の方が全然好きだし、愛してる。」

「・・・・んじゃあ、んで今日は・・・・」

声を振り絞ってオレは言った。


「コレ・・・・・」


浜田はポケットの中から小さな包みを取り出した。


「コレを泉に渡したかったから・・・・」



「本当は昨日までで買えるはずだったんだけど、店長がたおれちまって・・・・給料ももらえなくてさ。結局やっと貰えて店まで行ってここまで走ってきたんだけど・・・・間に合わなかった。」


そう言ってオレにその包みを握らせた。


「オレが愛してるのは泉だけだから。」




「・・・・・馬鹿。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・おう。」



「・・・クサイんだよ、阿呆。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



「・・でも、嬉しい。」

「・・・・うん。」


「・・・開けるぜ?」

「おう。」

綺麗な包みを開けると、それは



「・・・・・ネックレス?」

「おう。泉がオレのって印」


「・・・・・おもいっきり女モンじゃねぇか、馬鹿」

「え!?マジ!?」

慌てふためいてる浜田を見たらなんだか笑えてきた。


「・・・・来年。」

「ん?」

「・・・・・来年はずっと一緒にいろよ」

「おう。」

「じゃなきゃコレ捨てる。」


「ああああっ!!約束、約束すっから!!」


くすりと笑って耳元で囁いた。  




オレも浜田を愛してる。
(い、泉?もう1回!!)(調子に乗んな!!)



遅れてゴメンいずみん!!
初☆ハマイズ書きだったり・・・・
 [HOME] 
カウンター
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[02/03 aika]
[10/22 ちょこ]
[09/03 ちょこ]
[07/31 梅花]
[07/30 翡翠]
最新記事
FA
(03/28)
(03/10)
(03/06)
(02/27)
(02/25)
プロフィール
HN:
ふうな
性別:
女性
自己紹介:
腐ってます。
脳内変換とか大好き。

基本的に雑食。
二次元だろうがナマモノだろうが萌えるもんは萌えるんです。
幼児向けアニメは萌えの宝庫!!
只今落乱と擬人化と鯨人の三足草鞋で頑張ってます。

声優さんは柿原さんとか小野坂さんとか朴さんとかいろいろ好き。
だけど本命は福山さん。

鯨人さんはほんと素敵。
大.鳥さんとか無.形さんとか静.流さんとか王.猿さんとか免.許さんとか。
ほかにもいっぱい。
メ.ル.ラ.ブさんは癒しです。
それでも本命は高.学.歴さん。
バーコード
ブログ内検索
ここにカウンターのソース
Photograph by ...Chocon* : Template by よたよた歩く。    |忍者ブログ│[PR]